MENU

事故で凹んだフィットのボンネットを交換すると費用は?

■ホンダを代表する名車
スタイリッシュなデザインとインパクトのあるCMで高い人気を誇り、
TVゲームのモデルにもなった「シティ」の流れを汲む「ロゴ」の
後継車として2001年に登場したのが「フィット」でした。

「エンジンのホンダ」と言われるだけあって、他メーカーの
コンパクトカーと比較して走行性能に優れているだけでなく燃費の
良さも兼ね備えています。

さらに広い車内空間も有しており、今やコンパクトカーの指標とも
なっています。

またかつては、トヨタ・ヴィッツや日産・マーチとともに「日本の
コンパクトカー御三家」と並び称されたこともありました。

そして販売開始から2年目の2002年には、国内での年間販売
台数で33年にも渡ってトップに君臨していたトヨタ・カローラを上回り、
国産自動車の歴史を塗り替えることとなりました。

■常識を覆した初代
ユーザーの要望全てに最大限応える自動車として開発され、
輸送用機器として世界最多の累計販売台数を誇り、小型二輪車の
代名詞とも言えるホンダのスーパーカブを目指して創られました。

これまでのコンパクトカーでは車内空間が犠牲にされてきましたが、
多くのユーザーはコンパクトカーにも広い空間を求めていることに
着想、自動車では常識であった後部にある燃料タンクを前席の
下部へ移動させる「センタータンクレイアウト」という画期的な骨格を
生み出すことになったのです。

これによりコンパクトカーでありながらシートアレンジによって
ミニバンにも劣らない室内空間を有することができ、まさに常識を
打ち破る広さを実現することに成功しました。

「センタータンクレイアウト」はフィット以降に開発されたホンダの
コンパクトカーや軽自動車のほとんどに採用されています。

初代の人気は凄まじく、販売開始前の月間販売台数目標は
8,000台であったにも関わらず、発表直後の1ヶ月で48,000台
の受注があり、これは後にトヨタの三代目プリウスに抜かれるまで
日本歴代トップの数字でした。

■偉大な先代を持った二代目
初代フィットが爆発的な大ヒットを続ける中で、二代目フィットの
開発が開始されました。

1ミリ単位の調整を経て欠点が見当たらないほど完璧に
仕上げられた初代をさらに進化させることが求められた開発
担当者は、ライバル他車には目もくれずに初代フィットだけに
照準を絞っていたそうです。

開発当初は「センタータンクレイアウト」の変更も視野に入れられて
いましたが最終的にはこれを継承、車体を初代よりも一回り大きく
した他ホイールベースの拡大などでより広い室内空間を実現します。

さらにフロントガラスを大型化することで視界の良好さとともに
開放感を得るなど、広い室内空間をより広く感じさせています。

エンジンは初代の改良型を採用し馬力と実用燃費を大幅に
向上させて、初代の優れた走行性能と燃費の良さを併せ持つ
特性を継承・進化させました。

初代の爆発的な人気から二代目の販売台数が心配されましたが、
販売開始後の2007年11月から国内乗用車販売台数で11ヶ月
連続トップを記録、2008年には年間販売台数でも1位となりました。

2008年11月には累計販売台数が100万台を越え、2013年
3月には200万台を突破、これはホンダ史上最速の11年10ヶ月
での達成という偉業となりました。

■ユーザーに媚びない三代目
三代目も二代目同様、先代の人気が衰えを見せない中で開発が
スタートします。

初代フィットがユーザー全ての要望に最大限応えることをコンセプト
としていたのに対して、三代目はユーザーの意見のみを取り入れる
のではなく自動車としての「走り」を追求することになったのです。

これまで燃費や広さを追求したきたがために「走り」は犠牲と
なってきました。

実際ユーザーからはショックノイズの大きさなどから、その
乗り心地は劣悪とまで酷評されていました。

初代から続く「センタータンクレイアウト」を継承して広い車内空間を
保ったまま、サスペンションを新たに設計したシャシーシステムを
導入してハンドル操作の安定性と乗り心地の改善に成功します。

ライバル他車と比べて大きく劣っていたフィット最大の弱点を
克服したことで、さらに進化した内外装と合わせて同クラスでは
比肩するものが無いとまで言われるほどになりました。

発売以降順調に販売台数を伸ばしていましたが、販売開始
1ヶ月後の2013年10月に変速装置の制御プログラムの不具合に
よってリコールを発表します。

さらに12月にも同様の理由でリコールを余儀なくされ、翌2014年
2月と7月、10月と立て続けにリコールが発生、実に販売開始から
1年余りで5回のリコールという異例の事態となりました。

今のところ深刻な事故にこそ繋がっていませんが、これだけ立て
続けにリコールが起こるとフィットだけでなくホンダ全体の信用
失墜にもつながりかねません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる