MENU

バンパー交換費用は外車の場合どのくらいかかる?

■外国車は維持費が高い
ベンツやBMWなどに代表される外国車は、自動車の所有者に
とっては憧れでありステータスでもあります。

しかし、イメージ的に維持費が国産車より高く付いてしまいそうで
買えないと思っている人も多いはずです。

では、この外国車は維持費が高いというのは本当なのでしょうか。

そもそも維持費が高いという印象は、「部品が高く」「修理代も高い」
上に「故障頻度が高い」ために維持費が嵩むというところから
きていると思われます。

まず部品が高いのは車両価格が高いからであり、高額な自動車は
外国車・国産車関係なく高品質の部品を使っているため、部品代は
高くならざるを得ないのです。

日本国内でも流通量の多いベンツやBMWなどであれば国産
高級車とそれほど大差はありませんが、日本での流通量が少ない
外国車やそもそも生産量が少ないスポーツカー、さらには超が
付くほどの高級車となると部品代も跳ね上がることになります。

また部品の調達が海外からの取り寄せとなるため、流通コストが
掛かり部品代が高くなる要因の一つと言えます。

そして修理代が高いのは、外国車の構造が国産車と違って特殊に
なっており、修理に専用工具を必要とすることも多く、工賃が国産車
より高くなってしまいます。

部品代、修理代それぞれを見た時には、国産車とそれほど大きな差
が無かったとしても、それが合わさると国産車と比べて1.5~2倍
掛かることになり、結果高いということになってしまうのです。

修理頻度が高い点については、かつては幾度となく整備工場に
預けてはなかなか帰ってこないということがあったようですが、
最近では日本製の部品を使っている自動車も増え、故障は大幅に
減っています。

■外国車は車検費用も高い?
車検に掛かる費用というのは「検査手数料」「自賠責保険料」
「自動車重量税」の法定費用とディーラーや民間の車検業者などで
受けた場合には「整備費用」「部品代」「代行手数料」「書類代」
などがさらに掛かります。

法定費用に関しては国産車と外国車で差があるわけが無く、
差が付くのは「整備費用」や「部品代」などの点検整備代だと
いうことです。

部品交換などの整備をすると、同クラスの国産車に対して
その費用は1.5~2倍となってしまいます。

また外国車ユーザーの悩みのタネとなるのがブレーキで、外国車は
ブレーキをききやすくする設計がなされており、ブレーキパッドが
国産車に比べて硬くなっており、ブレーキパッドだけでなくローターも
摩耗により交換が必要になるのです。

その費用は、自動車が使用している部品の性能が良ければ良い
ほど、また自動車自体が大きければ大きいほど高くなり、標準的な
クラスであっても1枚当たり1万円プラス交換工賃では収まらない
ようです。

さらに年式が古い自動車になると冷却系統の故障が多く、
ウォーターポンプの故障に至っては定説になっているほどです。

またオートマチックミッションの故障も多く、酷い場合には雨の日に
乗っただけでミッションに水が入って交換なんてこともあるぐらいです。

ウォーターポンプの修理には15万円程度掛かり、オートマチック
ミッションの交換となると50万~100万ほど掛かることもあるようで、
このような場合は修理せずに買い替えということも多いようです。

■維持費を安くする方法
こうしてみると外国車の維持費が高いというのは印象だけでは
ないと言うことが分かります。

では、外国車の維持費を少しでも安く抑える方法はないのでしょうか。

まず修理費用に関して、故障頻度が昔に比べれば断然低くなって
おり、仮に国産車と同程度だとしても1回当たりの修理費用が
1.5倍以上掛かるのであれば、国産車より費用が嵩むことに
違いはありません。

しかしこれは、ディーラーやディーラー系の中古車販売店で行って
いる無料保証サービスを付けることで解決します。

メーカによって内容は様々ですが、このサービスを付けることで
新車購入時であれば3年間、中古車であっても年式によって
1~2年間、消耗品を除く(場合によっては含む)部品の修理・交換を
無料で受けることができます。

もちろんサービス加入時に料金(10万円程度?)が発生しますが、
2~3年間の修理費用がそれだけで済むと考えれば安いのでは
ないでしょうか。

また保証期間が切れてしまったり、消耗部品の交換といった
場合には、部品を自分で手配することにより費用を抑えることが
出来ます。

ベンツやBMWなどといった自動車であれば、インターネットを
利用してその部品を扱っている業者を探すことはそれほど難しく
ありません。

個人で部品を取り寄せることにより、その費用は半分ぐらいに
抑えることができます。

消耗品の中でもバッテリーやワイパーなどであれば自分で
交換することが出来ますし、もし出来ない場合には工賃が
掛かりますが、ディーラーで交換してもらうことも出来ます。

また車検費用は、普段からメンテナンスをきっちりしているので
あれば、ユーザー車検やユーザー車検代行を利用することで安く
車検を受けることができます。

このように保証サービスを利用したり、メンテナンスをこまめにして
おくなど維持管理を少し工夫すれば、外国車の維持費を国産車より
安くする方法がきっと見つかります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる