MENU

低年式車の買取査定、10年前の車を高く売るには

■「10」がキーワード
自動車を売却したり、中古車の購入を検討する際に「10」という
数字を基準にすると思います。

具体的には、自動車に乗っていて走行距離のメーターが10万kmに
近づいてきたり、車検証を見た時に登録年数が10年に近くなって
くると「そろそろ売り時かな」と思うのではないでしょうか。

また中古車販売店で気に入った自動車を見つけても、登録年数が
10年を越えていたり、走行距離が10万kmを越えていると
「他のにしようかな」となってしまいます。

実際に大手の中古車販売店などに行くと、低年式車や過走行車は
ほとんど取り扱っていない場合が多いように思います。

では、この10年や10万kmという数字にはどのような根拠が
あるのでしょうか。

■10年経つと価値が「0」
まず走行距離の目安として、普通車の場合は1年間で約1万kmが
標準であると考えられています。(軽自動車は約8千km)

よって10年間で10万kmとなるので、10万kmという数字は
ここから導き出されたものと思われます。

では、なぜ10年なのでしょうか。

一つには、自動車に使われている様々なパーツの寿命が約10年
だと言われているからです。

即ち10年経つとあらゆるパーツの交換が必要となり、一度に
交換するとその費用はかなり高額となります。

買取業者側から考えると、これらのパーツの交換・メンテナンスを
してから中古車として販売することになるので、その手間や費用を
考えると査定を厳しくせざるを得ないのです。

また、新車購入時から3年、以降は2年に一度車検を受けることに
なるのですが、今から約20年前までは登録年数が10年を越えた
自動車は毎年車検を受ける必要がありました。

それだけ各パーツの劣化が激しく、公道を走ることに対してリスクが
高くなると考えられていたということです。

さらに、実際の自動車の価値とは余り関係ありませんが、税法上の
減価償却の点から計算すると10年で自動車の価値は「0」に
なります。

以上のようなことが10年という数字に信憑性を持たせている根拠で
あると思われます。

■10年神話も今は昔?
現在では10年を越える自動車が毎年車検を受ける必要が無く
なったことからも分かるように、メーカーの技術力向上により、
自動車の性能・耐久性は飛躍的に高まっており、年式や走行距離に
関係なくメンテナンスと運転の仕方次第で何十年でも、何十万km
でも走ることが出来るようになっています。

実際に、海外では日本ほど年式や走行距離は気にされておらず、
日本ではほとんど見られなくなった種類の自動車が当たり前の
ように公道を走っていたりします。

また近畿地方のとある山奥で、日本の有名メーカーの自動車が
24年間で97万km走ったことが話題となったこともありました。
(ちなみに96kmでエンジンを交換したそうです。)

自家用車で97万kmはかなり珍しいですが、商用車ともなれば
100万km以上なんてことはそれほど珍しいことでも無いようです。

このように日本の自動車は年式や走行距離によって寿命が決まる
わけではなく、所有者次第でいくらでも乗り続けられるのです。

■少しでも高く売るには
メンテナンス次第で何十年、何十万kmと乗れることは確かですが、
いざ売却するとなるとその査定が厳しいものになるというのも
現実です。

よって低年式車や走行距離の多い自動車を少しでも高く売りたい
のであれば、複数の業者に査定を依頼するようにしましょう。

業者によって買取後の販売ルートが違いますので、同じ自動車で
あってもその買取額に数万円の差がつくことも珍しくないのです。

低年式車や過走行車は、海外に確かな販売ルートを持っている
業者の方が高く買取ってくれる可能性があります。

しかし、そのような業者をピンポイントで見つけることは素人には
ほぼ不可能なので、出来るだけ多くの業者に査定を依頼して、
高く買取ってくれる業者を見つけるようにしましょう。

また査定を受ける時の最低限のマナーとして、洗車と車内の清掃は
欠かせません。

そうすることで自動車を大事に扱ってきたことが伝わりますし、
査定する側も人間ですので、汚いよりもキレイな方が気持良く
査定できるというものです。

そして、査定時の裏技として「査定は雨の日に」ということが
まことしやかに言われています。

これは薄暗いところや照明の下で査定を行うと細かいキズや
塗装ムラが見難かったり、雨の日は持込み査定の客が少なく、
1日のノルマ数を確保するために担当者が査定を甘くするという
ところからきているようです。

しかし薄暗いところや照明の下で査定を行う際には、見難い分
より慎重になるようで、普段より厳しくなりがちなようです。

事前に予約していてその日がたまたま雨であった場合は仕方ない
としても、わざわざ雨の日に自動車の査定をしに来るということが
何を意味しているかはプロである査定士には一目瞭然であり、
逆効果と言わざるを得ません。

よって自動車をキレイにして、晴れた日に太陽の下で気持良く
査定してもらうほうが査定アップには有効なようです。

何事においても、相手が嫌がることをしてトクなことは無いという
ことでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる