MENU

乗っていない廃車予定の車を無料で引き取りしてもらえるのか?

■持っているだけでお金が掛かる
自動車を使っていると、ガソリンなどの燃料代や車検費用、
さらにはエンジンオイルやバッテリーなどの交換で何かと維持費が
掛かります。

しかし自動車税や駐車場代など使わなくても持っているだけで
掛かるお金もあるので、使わないのであれば早く処分しないと
損する一方なのです。

とはいえ、自動車に詳しい知人の一人もいない場合には、自動車を
処分するにはどうしたらいいのかわからない、と言う人も多いのでは
ないでしょうか。

■売っちゃえぃ
自動車を処分する方法としては、まず業者に売却することが
考えられます。

TVCMや新聞広告などで中古車買取業者の名前を目にすることが
よくあると思います。

そのような業者に自動車を持ち込んだり、自宅に出向いてもらって
査定をしてもらい、買取額が提示されてそれに納得すれば自動車を
引き取ってもらうことになります。

幹線道路を走っていれば1~2軒は大手の業者がすぐに見つかる
でしょうし、査定自体も30分程度で終わるのでそれほど手間も
時間も掛かりません。

しかし場合によっては、業者に足下を見られ徹底的に安く買い
たたかれ、後で売った自動車の買取相場を知って後悔する
なんてことも少なくありません。

そこで業者を何軒か回ってみたり、ネットで無料査定を受けてみたり
して自分の自動車の「価値」を知っておきましょう。

その上で業者と交渉すれば、失敗することも後悔することもなくなる
と思います。

■売れない・・・
買取業者は広い中古車販売のネットワークを持っており、大抵の
自動車であれば、値段の高い低いは別として、買取ってくれます。

しかし、事故車や不動車など余程の場合には買取出来ないと
言われてしまうこともあります。

買取業者が無理と言う以上は売ることが出来ないと思うかも
しれませんが、実は買取業者の中には廃車を買取ってくれる
業者もあるのです。

そんな都合の良い話があるのか?と思うかもしれませんが、
自動車には走るという価値以外にパーツや素材としての価値もあり、
中古車として国内で転売したり、海外に輸出したりする以外に
解体してパーツをリサイクル・販売、鉄などを素材として売ったり
しているのです。

最近では、廃車買取業者を紹介したサイトや廃車買取業者にだけ
一括で見積り依頼が出来るサービスもあるので、より高く買取って
くれる業者を簡単に探すことが出来ます。

何の価値も無いと思っていた自分の自動車が思わぬ高値で
売れるかもしれません。

■自らの手で・・・
もし廃車にする場合でも、廃車買取業者であれば自動車の
引き取りから解体までを請け負ってくれて、陸運局での廃車から
還付金や返戻金の手続きまでも全て代行してくれるということが
多いようです。

しかし中には、自分で全て手続きをして愛車の最期を見届けたいと
思う人もいるかもしれません。

そんな場合は、自動車のナンバープレートを持参して管轄の
陸運局に自ら出向き、自動車の登録を抹消する手続きをします。

その後、自動車を解体し、解体したことを証明する書類を持って
再び陸運局に出向き、解体届出をすることで廃車の手続きが
完了します。

もちろん解体してから登録抹消の手続きをすることも出来ますが、
完全に解体が終了してからでないと手続き出来ません。

業者によっては解体完了まで数ヶ月掛かることもあり、その間に
新たな自動車税が発生したり、還付金や返戻金の金額が少なく
なったりしてしまいます。

■費用が心配
自分で手続きする場合には陸運局での手数料などとして500円
程度掛かり、さらに別途解体費用が必要となるかもしれません。

またディーラーなどで手続きの代行を依頼すると2~3万円程
費用が掛かります。

しかし、廃車買取業者であれば自動車を買取ってくれた上に
これらの手続きを全て無料で代行してもらえます。

さらに自分の自動車が解体される工程を全て見せてくれる業者や
解体状況をネットで確認できる業者などもあり、愛車を本当に
最期の最期まで見届けることが出来るのです。

自分で廃車手続きをする方法を、先に簡素に書きましたが、
実際には印鑑証明が必要であり、陸運局に行く前に区市役所や
サービスセンターに行くことになります。

また自動車税の還付手続きは登録を抹消することにより自動的に
行われますが、自賠責保険の返戻金に関しては加入している
保険会社で自ら手続きをする必要があります。

買取業者を利用することを強く勧める訳では決してありませんが、
廃車手続きに不慣れな場合には書類に不備が生じ、何度も
陸運局に足を運ぶことにもなりかねません。

後学のためにどうしても自分でやる、ということでない限りは
手間も時間もお金も節約できる業者に依頼してみるのも良いの
ではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる