MENU

車の売却において出張査定と店舗持ち込み査定で違いはある?

■出張査定と店舗持ち込みの違い
自動車を売却するために情報を集めていると、TVCMや広告などで
「ご自宅まで出張査定いたします」なんて謳い文句をよく目にすると
思います。

出張査定と言えば買取店のイメージが強いですが、最近では新車
購入商談の際にディーラーの営業マンが自宅を訪ねて下取り
査定を行うこともあるようです。

では、出張と店舗持ち込みでは査定に違いはあるのでしょうか。

結論から言うと、査定を受ける場所以外特に違いはありません。

出張査定の場合には出張するためのガソリン代や人件費が掛かる
ため、微々たるものですが、査定額に差が出るということがごく稀に
あるようですが、基本的には出張でも持ち込みでも査定の基準や
方法に違いは無いと思って構いません。

■自分の都合や性格次第
出張と持ち込みで査定に差が無いのであれば、まず自分の都合の
良い方を選びましょう。

仕事などで忙しくて店舗に自動車を持って行く時間が無いような
場合は、自分の休日など空いた時間に出張査定に来てもらう方が
良いでしょうし、女性の一人暮らしで自宅に査定員である男性が
来るのが嫌な場合は、店舗への持ち込みの方が良いということに
なります。

また自動車を高く売るためには、査定してもらったら即決するの
ではなく、複数の業者に査定してもらった上で比較・検討することが
重要となります。

そこで、出張・持ち込みのいずれの場合でも査定後に一度返答を
保留し、他社との比較をする旨を業者側に伝えなくてはいけません。

出張査定であれば、わざわざ相手に来てもらっているので断るのに
後ろめたさを感じることもあるかもしれませんが、自分が出掛けて
行く手間が省けて楽な上、自宅ということでリラックスでき、相手に
惑わされず、自分のペースで交渉が出来ます。

また業者のスタッフである査定員も、上司や同僚の目を気にせずに
本音を話せるので、こちらにとってより良い提案をしてくれることも
あったり、こちら側も周りの目を気にすることなく査定額アップを
懇願出来るというメリットもあります。

逆に店舗に持ち込んだ場合には、テーブルに案内され、コーヒーの
一つも出された上、お店のお偉方まで同席して一方的に説得され、
相手のペースに巻き込まれてしまい断れなくなることもあるかも
しれません。

しかし持ち込みだと店舗を梯子することが出来るので、複数店舗を
回ることによってその場で査定額の比較が出来ます。

さらに、店長などの責任者と直接交渉して、他社の査定額を伝える
ことによってより良い条件をすぐに引き出せる可能性もあり、出張
査定時のように「持ち帰って上司と相談」と言われることはまず
ありません。

また自動車の買い替えを考えているのであれば、店舗に出向く
ことで次の自動車購入の相談も出来、場合によっては、前の
自動車を売って次の自動車を買うということが一度に済ませられる
こともあります。

■気をつけること
いずれの場合においても査定だけであれば30分程度で終わり、
出張査定の場合はもちろん連絡した上で査定員の来訪日時を
決めておく必要がありますが、店舗に持ち込む場合には予約を
入れておく必要はありません。

また自動車を購入する場合には、条件が合わなければ購入を
見合わせ、当分今乗っている自動車で我慢するということが
ありますが、売却する時は、すぐにでも売ってしまいたいという
場合が多く、どうしても足下を見られがちになります。

出張であれ店舗持ち込みであれ、業者側は出来るだけ安い
値段での売却を即決することを求めてきますが、よっぽど
切羽詰まった状況でない限りは、即決はせずに、複数の業者に
見積りを依頼して検討し、交渉するようにしましょう。

また買取業者の中には、出張の際に査定は終わったにも拘わらず
長々と居座ることで暗に契約を強要してきたり、店舗持ち込みでも
即金買取りせずに自動車を預かった上で、色々とイチャモンを
つけた挙げ句に買取額を下げるような悪質な輩もいます。

前者であれば店舗に連絡するなど対処のしようもありますが、
後者の場合は自動車を預けている以上どうしようもないことに
なりかねないので、後日振込などにするのではなく、自動車の
引き渡しと現金の受け取りを同時に行うようことで対処しましょう。

最近では、ネットで複数の業者に一括で査定見積り依頼が出来、
手間もお金も掛けることなく、自動車の中古車相場や買取相場を
知ることが出来るので、自分の自動車の価値を知った上で査定して
もらうと良いかもしれません。

自動車の売却を焦れば焦るほど業者に足下を見られ、損をすること
になります。

利用出来るものは利用し、可能な限り時間を掛けて様々な情報を
収集した上で、買取業者と遠慮なく交渉して、損したと後悔すること
のないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる