MENU

買取相場が20万円の車が下取りでは0円の謎

■自分の自動車には価値が無い・・・
自動車のオーナーであっても、自動車のことはよくわからないから、
修理や車検、果ては処分や買い替えまで全て販売店や業者に
任せっきりってことも多いのではないでしょうか。(特に女性の方)

もちろん販売店などの担当者は、親身になって考えてくれているとは
思いますが、彼らも商売人ですから我々にお金を使ってもらわない
といけないのです。

なので自動車を売ったら終わりではなく、その後も頻繁に連絡を取り、
自動車の状態を確認したり、エンジンオイルの交換や定期点検、
車検の案内などをしてくるのです。

実際に国内の世界的メーカーでは、ディーラーではない個人で
やっているような小さな中古車販売店でそのメーカーの中古車を
買ったとしても、その後ディーラーの営業マンから連絡があり、
車検などの案内をしてくれたりします。

ディーラーなどにとっては、エンジンオイルの交換や定期点検、
車検の費用などは微々たるものですが、客との信頼関係を築く
ことによって次回の買い替え時にそのディーラーで買ってもらう
ことで大きな利益が生まれるということなのです。

しかし、先にも書きましたが、彼らは商売人なのでいつでも我々
自動車のオーナーが100%有利になるように取り計らってくれる
わけではありません。

自動車を下取りする際にそれが顕著に表れます。

「年式が古い」「走行距離が多い」「事故修理歴がある」「人気車種
ではない」等々とありとあらゆる理由をつけて『ゼロ』という査定額を
提示してきます。

このように言われることで、自動車に詳しくない人は「ディーラーの
評価」が「その自動車の評価」だと思い込んでしまうのです。

■自分の自動車には価値がある!
ここで勘違いしてはいけないのが、「自動車」に価値が無いのでは
なくて、その自動車が「ディーラーにとって」価値が無いだけなのです。

即ち、持っていくべきところに持っていけば、その自動車にちゃんと
価値を見出してくれるということです。

そこで買取業者の出番というわけなのです。

買取業者であれば、下取りで「0円」と言われた自動車であっても
数万円、数十万円で買取ってくれることもあるのです。

では、下取りで値段が付かない自動車をそんな高値で買取って
くれるのはなぜでしょうか。

最近でこそディーラー系列の中古車販売店が増えてきましたが、
ディーラーは中古車を転売するルートが限られているかもしくは
全く持ち合わせていない場合が多く、下取りした自動車で商売する
ことが出来ないので、結果的に下取りの査定が「0円」になって
しまうのです。

それに対して買取業者は、それぞれにニーズの違う、全国の中古車
販売店との提携や自社での販売店展開していたり、
オートオークションとの提携などもあるため、下取り査定0円の
自動車を高値で買取っても商売出来るのです。

ディーラーは新車を販売することで商売が成り立っているので
自動車を買取、それを中古車として販売するということは不得手で
あり、逆に買取業者は自動車を買取、転売することによって
成り立っているので、新車を取り扱うことは得意でないということが
言えます。

要するに「餅は餅屋」だということです。

■下取りに出す前に
最近では、実際に自動車を店舗に持ち込まなくても、インターネット
のメールや専用フォームで簡単に見積りを出してもらえたり、複数の
業者に一括で見積り依頼が無料で出来たりします。

そうして自分の愛車の「市場価値」を知っておくと、下取り額に
納得がいかない場合に交渉の道具として使えるので、買取業者
への見積りを取っておいて損はないのです。

■下取りよりも買取?
そうすると「下取りに出すより買取してもらった方がおトクなんだな」と
思うかもしれませんが、一概にはそうは言えないこともあるのです。

中古車の相場は時々刻々と変動しているので、極端に言うと、
今日の見積り額が明日には半分になっている可能性も無くはないのです。

さらには自動車の状態によっては買取業者であっても買取って
もらえず、車種や年式によっては下取りでも買取でも値段が
変わらないこともあります。

また、買取業者に買取ってもらうことが決まると早期(約1週間以内)
に自動車を引き渡さなければいけません。

買い替えを考えている場合には「車無し」の期間が生まれてしまう
ことになります。

下取りであれば、次の納車まで今の自動車を乗り続けることが
出来たり、代車を貸してくれたりします。

買取業者でも代車を貸してくれることもありますが、何ヶ月も無償で
貸してくれることはありません。

自動車の状態、個人の事情によっては、金額だけでは損得勘定が
出来ないこともあります。

自動車を処分する際には、出来るだけたくさんの情報を収集し、
様々な可能性を考慮した上で、自分に合った最善の方法を見つけて
ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる