MENU

買取りはしてもらえない!?動かない車の処分

■動かない自動車は廃車するしかない?
理由は色々あれど、動かなくなってしまった自動車を処分するには
廃車にするしか方法は無いのでしょうか。

中古車販売店やディーラーなどに買取りや下取りの見積もりを
依頼しても、不動車に限らず、高年式車や故障車、走行距離が
多い自動車などの場合には、査定額ゼロ円どころか逆に廃車費用
を請求されることも多いようです。

動かない自動車をいつもまでも持っていても、ムダに自動車税が
掛かるだけだし、売れないのならば自分で廃車手続きをして
しまえばと考えるのではないでしょうか。

■自分で廃車手続きをすると・・・
自分で廃車手続きをするには、まず実印、印鑑証明、車検証、
ナンバープレートが必要になります。

この時、ナンバープレートを外した自動車は公道を走れないので、
注意してください。

管轄の陸運支局において手続きを行うのですが、各地で金額の
違いはあるようですが、申請書の購入代金として約100円と
手数料として約300円が掛かります。(合計で目安としては
400円~500円程度掛かります。)

さらに車検が残っている場合には、自動車重量税の還付請求の
手続きを行い、加入している保険会社に対して自賠責保険の
返戻金の請求を行わなければいけません。

なお自動車税の還付に関しては、大抵は特に手続きをする必要は
ありませんが、場合によっては別に手続きをしなければならない
こともあるので、管轄の陸運支局に確認してください。

以上のように廃車手続きを済ませた上で、車体を解体することに
なります。

ナンバープレートを取り外す前に解体業者に持ち込んでいれば
廃車の手続きが終わったことを連絡すればいいのですが、
不動車など自動車を動かせない場合や持ち込む前にナンバー
プレートを取り外した場合などは、レッカー車やクレーン車などで
引き取りに来てもらわなければならなくなります。

そうすると解体費用の他にレッカー車などでの引き取り費用が
掛かることになります。

具体的な金額としては、解体自体は無料で請け負ってくれる
業者もあるので一概には言えませんが、目安としては引き取り
費用込みで1万円~3万円程度掛かると思われます。

このように手続きを行った場合、多大な手間とそれなりの費用が
掛かります。

自分でするにしろ、販売店などに依頼するにしろ、不動車や
高年式車などはお金を払って処分するしかないのでしょうか。

■廃車買取専門店
自動車の買取り業者の中には、廃車を専門に買い取ってくれる
業者があります。

価値の無いような廃車をお金を出して買い取ってくれるなんて
イカガワしい業者なのでは・・・と思っている人もいるかも
しれません。

普通に考えれば、動かない自動車や今にも止まってしまいそうな
古い自動車に価値があるようには思えません。

確かに「自動車としての価値」は無いかもしれませんが、使われて
いる素材やパーツには十分価値があるのです。

廃車を専門に買取りしている業者は、買い取った自動車を解体
した上で、まだ使えそうな部品やパーツなどを修理工場に売ったり、
使われている金属などの素材を他の業者に売っているのです。

なので、普通に見れば「価値の無い自動車」であっても、お金を
出して買い取ってくれるのです。

ネットで見ると廃車を買取りしてくれる業者が、大手を含めて、
たくさんあることがわかります。

業者によっては、大手の自動車買取り専門店でゼロ査定であった
自動車を数千円から場合によっては数万円で買い取ってくれること
もあるようです。

さらには買い取ってくれた上に廃車手続きの代行だけでなく、
自動車重量税の還付や自賠責保険返戻の手続きまでも代行して
くれる業者もあるようです。

■注意しなければいけないことも
こうしてみると、不要な自動車を買い取ってくれて、面倒な手続き
まで全部やってくれるのなら、廃車買取業者を利用するに超した
ことはないのでは、と思うでしょう。

しかし実際に買取りを依頼する際には気をつけなければならない
こともあります。

このような業者の中には、親切でない、もっと言うと悪質な業者も
存在するということです。

自動車の状態によっては、廃車買取り業者といえども買取り額
ゼロということもあるでしょうが、悪質な業者は、本来は買取りして
もらえるだけの価値がある自動車にも拘わらず、ゼロ査定をした
上に手数料まで取ろうとする場合もあるようです。

さらに諸々の手続きを代行してもらうということは、自分の個人
情報を業者に預けるということになるので、業者を選ぶ際には十分
注意してください。

サイト上で簡単な情報を入力するだけで査定してもらえたり、
メールで見積もり依頼や受付が出来たりと手軽ではありますが、
サイトやメールの文言からだけでは信用出来る業者かどうかを
見極められません。

手軽であるが故に、業者を選ぶ際には慎重に少し時間を掛けて、
決して悪質な業者に引っかからないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる