MENU

車を廃車にしたい!でもローンが残ってる・・・

■ローンが残っている自動車の名義
自動車というものは決して安い買物ではありません。

自動車を購入する場合に、一括で支払いが出来るほど金銭的な余裕があればいいのですが、そうでなければローンを組んで毎月こつこつと支払いをしていくということになると思います。

一括支払いで購入しようと、ローンを組んでいようと、普通に自動車を運行させる分には何ら問題はありません。

しかし、何かの事情でローンが残っているにも拘わらず自動車を処分しなければいけなくなる
場合もあります。

例えば、事故を起こしてしまったり、セカンドカーとして購入したものの全然使用する機会が
無いなんてこともあるでしょう。

自動車は所有しているだけで毎年税金がかかるものです。

動かない動かさない自動車をいつまでも所有していてもしょうがありません。

では、ローンが残っている自動車でも処分することは可能なのでしょうか。

ポイントになるのは、車検証に記載されている自動車の所有者名義が誰になっているか
ということです。

通常、ローンを利用して自動車を購入した場合、所有者の名義はクレジット会社や販売店に
なっているはずです。

例外として自動車ローンという形ではなく、銀行等から多目的ローンなどとして借り入れをし、
その借入金を自動車購入費用に充てている場合には、所有者の名義は自分になります。

もし所有者の名義が自分以外であるならば、何の断りもなしに処分することは出来ません。

■ローンは残ってる・・・でも処分したい
では、名義が自分以外の自動車はローンを返済し終わるまではどうすることも出来ない
のでしょうか。

基本的には、名義人に「所有権の解除」をしてもらわない限り廃車も名義変更も出来ません。
(名義変更不可なので売却も出来ません。)

名義人がクレジット会社や販売店の場合には、通常ローンを完済しないと「所有権の解除」は
してもらえません。

なので方法としては、残っているローンを現金で一括返済し、所有権の解除をしてもらうのが
一番良いと思われます。

名義人が販売店である場合には、その販売店に自動車を買い取ってもらうことで、ローンの一部もしくは全部を相殺することも出来ます。(その販売店が買取サービスをしていない
場合は出来ないこともあります。)

一括で返済出来るほどの金銭的余裕が無い場合などは、他社のローンに組み替えて
ローンを完済するという方法もあります。

しかし、ローンの組み替えには残債額による制限があり、当然審査を受ける必要があります。

ローンを組み替えることによって、月々の支払額が軽減されることもありますが、ローンの
長期化や金利手数料負担が増えることもあるので、あまりオススメ出来る方法では
ありません。

事故によって大きな損傷を受けて、その修理費用が車両価値に対して高額すぎるなど
廃車がやむを得ない場合に限って、クレジット会社や販売店と直接交渉して、特例として
所有権解除の承諾を得るということも出来ます。

もし承諾を得られれば、ローンの支払いは継続したままで、廃車の手続きをすることが
出来ます。

しかし、この承諾を得るためにはクレジット会社や販売店の独自の審査に合格しなければ
いけません。

よって、自動車がどんな状態であったとしても承諾を得られないこともあるということです。

注意しなければいけないのは、この承諾を得た後は車体を解体処分するか解体処分が
前提の資源買取をしてもらうことしか出来ず、中古車として転売したり名義変更したりなどは出来ないということです。

当たり前のことですが、廃車の手続きが終わってもローンの支払いは続きます。

要するに自動車の処分が先かローンの完済が先かの順序が違うだけで、どのみち借りた
お金は返さなければいけないのです。(小学生でも分かることですが・・・)

■ローンの有無関係ナシに・・・
自動車の所有者がクレジット会社や販売店になっている場合には自動車を処分することも
思うように出来ませんが、ローンを組んでいても所有者名義が自分になっているのであれば、ローンが残っていても売却することも廃車することも自由です。

ただし、当たり前ですが、この場合でもローンの支払いは続きます。

■自分のものであって・・・
このように所有者が自分以外であってローンが残っている場合には、その自動車は自分の
ものであって自分のものでは無いということです。

最初に書いたように自動車は決して安い買物ではありません。

よってローンで購入する際には、しっかりとした計画を立てておきましょう。

そして、購入後も安全運転はもとより自損事故でも保険金が下りる任意保険への加入なども
検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる